バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの現金保有高が過去最高に達し、投資戦略に影響を与える

投資界の巨匠であるウォーレン・バフェット氏率いるバークシャー・ハサウェイが、手元現金水準を過去最高に更新しました。この動きは、有望な投資案件の不足を示唆しており、バフェット氏が指摘する「目を見張るような業績」を達成するための新たな挑戦を提起しています。ここでは、バークシャー・ハサウェイの最新動向と投資戦略への影響について探究します。

FXが取引できるおすすめ口座
トレードスキルを身に付けて自分で稼ぐ力を身に付けませんか?

XMTrading
★レバレッジが888倍!小資金で大きなポジションが取れる!
★ゼロカットシステムのため1万円しか口座に入ってなかったら1万円しか損失にならない。
★取引すればするほどロイヤリティポイントがたまりそれを証拠金として使える=リスクなし
詳細はこちらをクリック

ウォーレン・バフェット

ウォーレン・バフェット(Warren Buffett)は、アメリカの投資家であり、バークシャー・ハサウェイ(Berkshire Hathaway)のCEOであることで広く知られています。彼は、投資の巨匠として世界的に有名であり、彼の投資手法や考え方は多くの人々に影響を与えています。

バフェットの投資手法は、長期的な視野と価値投資の原則に基づいています。彼は企業を選ぶ際に、その企業の実力や競争優位性、健全な財務状況に着目し、それが長期的な成長をもたらすものであるかを重視します。また、彼は企業の実態や価値を深く分析し、その株式が過小評価されている場合に購入することで、割安な価格で優良企業に投資します。

バフェットは、その長期的な投資アプローチによって、数十年にわたり驚異的な成績を収めています。彼は多くの企業の株式を所有し、また、彼自身の会社であるバークシャー・ハサウェイは、多様な産業部門に投資しています。

彼はまた、慈善活動家としても知られており、バフェットの寄付は多くの慈善団体や慈善事業に大きな影響を与えています。

現金保有高の増加と背景

過去最高の現金保有高に至った背景には、魅力的な投資機会の不足があります。バフェット氏の指摘によれば、米国や他の地域においても、真に成長を促す企業が限られており、これらの企業は既に競合他社によって獲得されている可能性があります。この状況下で、バークシャーは資金を効果的に運用し、将来の成長機会を見極める必要があります。

企業の業績と投資利益

バークシャーは前年同期比で営業利益を増加させました。この増加には、金利の上昇や天候条件の改善が追い風となり、保険引受利益や投資利益が増加したことが影響しています。投資部門の収益が増加したことで、バークシャーは現金保有高をさらに増やすことができました。

投資戦略への影響

バフェット氏は、バークシャーが目指す企業の数が限られていると述べています。このため、バークシャーは買収や投資機会を見極める際に慎重な姿勢を取る必要があります。また、バークシャーは大口の案件を見つけることができず、資金を適切に展開することに制約を抱えています。これは将来の投資戦略に影響を与え、慎重な資金運用が求められることを意味します。

グローバルな投資展開

バークシャーは近年、米国外の投資にも注力しています。日本の商社5社の持ち株比率を高めるなど、グローバルなポートフォリオの拡大を図っています。これにより、バークシャーは地域や産業のリスクを分散し、成長機会を追求する柔軟性を高めています。

チャブ株を大量取得!

著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いるバークシャー・ハザウェイが、損害保険大手チャブの株式を3月末時点で67億1700万ドル(約1兆400億円)相当保有していることが明らかになりました。これは、バークシャーが2023年7〜9月期から徐々にチャブの株式を買い増してきた結果です。

この事実は、バークシャーが5月15日に米証券取引委員会(SEC)へ提出した「フォーム13F」という報告書で明らかになりました。この報告書は、主に米国で上場する銘柄を報告対象としています。スイスに本拠地を構えるチャブはニューヨーク証券取引所に上場しているため、報告の対象となりました。

バークシャーの保有銘柄は四半期ごとに公開されるのが原則ですが、特例制度を利用して、2023年9月末時点と2023年末時点における一部の保有状況を非開示としていました。しかし、5月15日の修正開示により、バークシャーがチャブへの投資を2023年7〜9月期から始め、四半期ごとに徐々に買い増していたことが公表されました。

バークシャーが保有するチャブの株式数は約2600万株で、これはチャブの発行済み株式数の約6%に相当します。このニュースが伝わると、15日の時間外取引でチャブ株は同日終値比で10%程度上昇する場面がありました。

バークシャーは、子会社に自動車保険のガイコや再保険のジェネラル・リーなどを持ち、保険契約者から受け取った保険料を原資として投資規模を拡大してきました。バフェット氏は2月の「株主への手紙」で「損保事業はバークシャーの健全性と成長性の中核を担っている」と述べていました。

さらに、バークシャーは保険仲介大手エーオンの株式も保有しており、保険株投資において定期的に保有銘柄を入れ替えてきました。今回、特例を利用してチャブの保有状況を非開示としていたことから、チャブに他の銘柄よりも大きな投資機会を見いだした可能性が高いと考えられます。

一方で、新規の大型投資が目立つ中、売却も進められました。フォーム13Fによると、バークシャーは2023年1〜3月期にアップルの株式数を2022年末比13%減らし、米メディア大手パラマウント・グローバルの株式数も9割近く減らしました。さらに、米IT大手のHPの保有株全株を1〜3月期に売却しました。

バークシャーの2023年1〜3月期の株式売買動向は、172億8100万ドルの売り越しとなりました。現預金と米短期債保有額を合計した広義の手元資金は、3月末に1889億9300万ドルと2022年末比13%増加し、過去最高を更新しました。5月4日の株主総会でも、投資機会の乏しさを憂う発言が少なくありませんでした。

今回のチャブへの投資は、バークシャーの戦略的な動きの一環として注目されています。今後の動向からも目が離せません。

まとめ

バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの現金保有高が過去最高に達したことは、投資戦略に新たな課題を提起しています。バークシャーは慎重な資金運用とグローバルな投資展開を通じて、将来の成長機会を見極め、投資家に価値を提供することを目指しています。

十分な準備をして、冷静かつ計画的なトレードを行ってFXで勝って収益を上げていってほしい。

おすすめFX口座

JFX(JFXMATRIX TRADER)

おすすめ理由
1)1,000通貨から取引可能!しかも手数料が無料!
2)快適約定能力!【約定スピード0.001秒】 ※平均0.005秒
3)MT4チャート実装!
4)小林芳彦のマーケットナビが全て無料で見れる!
YouTubeへ
5)iPhoneアプリ、Androidアプリ、iアプリ対応!
6)お得なキャンペーンを毎月開催!
7)ワンクリック注文可能!
8)24時間入金が可能!【クイック入金 約380行対応】

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村


金融・投資ランキング